こんにちは、さくらほーるの森田です。

以前、お葬式の喪主は誰がする?どんな役割があるの? というコラムで喪主についてご説明しましたが、お葬式には喪主とは別に「施主」という役割があることをご存知でしょうか。

今回は葬儀における「施主」がどのような役割を担うのか、喪主とはどう違うのかについてご説明します。

施主とは金銭を支払う人のこと

葬儀における施主は、葬儀社に支払う葬儀費用や僧侶へお渡しするお布施を負担する人のことを指します。

費用を負担する人を「施主」とするようになった理由は、以前は支払い能力が無い若い男性が喪主を勤めることが少なくなかったためだと言わています。

時代の流れと共に変化していますが、以前は家長が亡くなると、ほとんどの場合その家の跡取り息子が喪主となり、葬儀を取り仕切っていました。喪主は葬儀について多くのことを取り決めるだけでなく、お墓の管理や法要を取り仕切るといった多くの役割があるため、家督相続(長男がすべての財産を相続すること)する人が担うものでした。

しかしながら、その息子がまだ若く葬儀費用を負担することが難しいケースがあり、その際には、喪主ではなく施主が葬儀の費用を負担していたということです。

 「施主」と「喪主」の役割の違い

喪主には、葬儀について多くの事柄を取り決めるという役割があります。葬儀の打ち合わせや準備、遺族代表としての挨拶などを行うのが喪主です。

喪主を務める人に決まりはありませんが、喪主は葬儀を行うにあたり中心となって多くの事柄を取り仕切ることになるため、一般的に故人と関わりが深い方が務めます。

※喪主の決め方や詳しい役割についてはお葬式の喪主は誰がする?どんな役割があるの? で詳しくご紹介しています。

それに対して施主は、前述したように、葬儀費用やお布施の支払いといった金銭面を負担することになります。施主は喪主と違い葬儀で挨拶を行うようなことはありませんが、葬儀において重要な役割を果たします。

現在、葬儀費用を支払ったりお布施をお渡ししたりする役割は喪主が担うことが多く、ほとんどの葬儀で喪主と施主は同じ人物です。といっても、全ての葬儀で喪主と施主が同一人物であるわけではなく、中には異なる事例もありますので次項でご紹介します。

喪主と施主が異なる事例

長男が喪主で妻が施主を務める

父親の葬儀で若い息子が喪主を務め、故人の妻が施主を勤めるケースです。このようなケースでは、挨拶などは息子が担当し、実質的な葬儀の進行や費用の支払いは故人の妻が行うことが多くなっています。

妻が喪主で息子が施主を務める

高齢の妻が喪主を務めるようなケースでは、息子が施主として葬儀を支える場合があります。息子は葬儀費用の支払いや運営面をサポートします。

社葬を行う場合

会社の社長が亡くなり社葬を行う場合、妻が喪主を務め、葬儀費用は会社が負担するケースがあります。この場合、妻が喪主で会社が施主ということになります。 

まとめ

葬儀において「施主」は葬儀社に支払う葬儀費用や、僧侶へお渡しするお布施を負担する人のことを指します。端的にいうと、金銭の支払いを担う役割ということです。

喪主は葬儀について多くの事柄を取り決めるという役割があり、葬儀の打ち合わせや準備の他に、遺族代表としての挨拶なども行います。

現在の葬儀において、喪主と施主は兼任することがほとんどですが、稀に「息子が喪主で妻が施主」「妻が喪主で息子が施主」など、別の人物が担う場合もあります。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田