こんにちは、さくらほーるの森田です。

有名人や著名人が亡くなった際に「密葬」と呼ばれる葬儀が行われることがありますが、その言葉を聞いたことはあっても、どんな葬儀なのかよくわからないという方も多いかもしれません。

今回は「密葬」がどんな葬儀なのか、家族葬との違いなどについて詳しくご紹介します。

密葬とはどのような葬儀?

密葬は、遺族や親族などの親しい身内だけで行うお葬式です。それだけ聞くと、家族葬と同じなのではないかと思う人もいるかもしれませんが、密葬と家族葬には明確な違いがあります。どのような違いかというと、密葬は、葬儀を行った後に一般の会葬者が参列する「本葬」を行いますが、家族葬では一般的に「本葬」を行うということはありません。

なぜ密葬を行った後に本葬を行うという形をとる必要があるのでしょうか。

芸能人やある程度規模の大きな会社の社長など、一般の会葬者が多数参列することが予想される葬儀を行う場合、ご遺族の負担が大きくなると考えられます。たくさんの供花や供物、弔電が届き、大勢の参列者への対応が必要となることは、ありがたいと同時に、故人様とご遺族が共に過ごす最後の時間を奪ってしまう可能性が否定できません。

そのような理由から、故人様とご遺族が共に過ごすための時間として「密葬」を行い、一般の参列者の方には改めてお別れの機会を設けるために「本葬」を行うというわけです。 「本葬」は「お別れ会」や「偲ぶ会」と呼ばれることもあり、こちらも有名人の訃報に際して、情報番組などでよく聞く言葉となっていますね。

密葬を行う場合の注意点

 

訃報連絡の範囲

密葬に参列するのはご家族やごく近しい親戚の方のみとなります。そのため、訃報の連絡についても、密葬に参列する方のみにとどめることが多いようです。

密葬が終了する前に、密葬にお呼びする方以外に訃報が伝わると、その方が「葬儀に参列するべきなのか」「遠慮した方が良いのか」と判断に迷うこともあるかもしれませんし、密葬をする意図がうまく伝わらずに参列に来てしまうことも考えられます。そのような事態を避けるために、訃報連絡は密葬に参列する方だけにするという対応を取るご家庭が多くなっていると言えるでしょう。

 密葬について事前に説明する

親族に対して、事前に密葬について説明し、理解を得ておくことも大切です。時代とともに葬儀の形も変化してきましたが、身内の中に、昔ながらのお葬式を行うことにこだわりを持つ人がいないとは限りません。

規模の小さな葬儀に対してネガティブな印象を持っている人は、密葬という葬儀形式は受け入れ難いと感じる場合もありますので、密葬を行うことや行う理由について、誠実にお伝えしておくと良いのではないでしょうか。

本葬の案内状を出す

密葬終了後、一般会葬者に向けた本葬の案内状を出します。記載する内容は下記の通りです。

・故人の訃報

・本葬の日時と場所

・すでに密葬を済ませていること

・連絡が遅くなったことについてのお詫び

  まとめ

密葬は、遺族や親族など親しい身内だけで行うお葬式です。家族葬と異なる点は、密葬を行った後に、一般の会葬者が参列する「本葬」を行うことがあげられます。

密葬を行う場合、密葬にお呼びする方のみに訃報連絡を入れることが多いようです。それ以外の人に訃報が伝わり、「葬儀に参列するべきなのか遠慮した方が良いのか判断に迷う」「意図が伝わらず参列に来てしまう」という事態になることを避けるために、そのような対応をするケースが多くなっていると言えるでしょう。

葬儀に対する価値観は人それぞれです。密葬は一般葬とは異なる小規模な葬儀となるため、親族に対して事前に説明し、理解を得ておくと良いでしょう。

 

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田