こんにちは、さくらほーるの森田です。

故人の冥福を祈るための仏教行事である法要は、初七日、四十九日、一周忌、三回忌など複数回執り行われます。皆様も1度は参列された経験があるのではないでしょうか。

今回は法要の中でも、遺族にとって大きな節目となる一周忌法要の準備や当日の流れ、服装マナー等について詳しくご紹介します。

一周忌法要を行う時期

一周忌法要は、故人が亡くなってから一年後の命日である「祥月命日(しょうつきめいにち)に行う法要です。祥月命日が平日で参列者の都合が付かない場合は、命日より前の土日に行うことが一般的です。浄土真宗以外の宗派では、法要を命日より繰り下げてはいけないとされていますので、祥月命日に法要を行うことが出来ない場合は繰り上げて行いましょう。

一周忌法要の準備

寺院への連絡と日時の決定

読経を依頼する寺院に連絡し、僧侶と相談のうえ日時を決定しましょう。必ず参列することになる遺族の都合にも配慮する必要があります。 前述したように、祥月命日に法要を行うことが難しい場合は、日程を繰り上げます。ただし、浄土真宗においてはこの限りではありません。

会場を選び会食を手配する

一般的に法要は、自宅、お寺、葬儀場、ホテルなどで行われます。会場を選ぶ際は、参加人数や交通アクセスなどを考慮して検討します。一周忌法要の際に納骨を行う場合は、法要会場と納骨場所の距離についても検討が必要となります。

一周忌法要後には会食を行うことが多く、その場合は会食の手配も必要となります。葬儀場やホテルの法要プランを利用すると、会場と会食の手配を一度に行うことができるため、準備の負担を軽減することができます。

列席者への連絡

一周忌法要は遺族や親族などの身内以外に、友人や仕事関係者を招く場合があります。身内への連絡は電話などでも問題ありませんが、身内以外の列席者には案内状を作成、送付することがマナーとされています。

引き物の準備

列席者にお渡しする引き物は、いただく香典や供物の額にかかわらず、同じものを人数分用意します。金額の相場は2,000円~5,000円で、食べたり使ったりするとなくなる「消えもの」が適しています。掛け紙の表書きは「志」又は「粗供養」とし、黒白または双銀の結びきりの水引きを用います。

お布施の準備

僧侶にお渡しするお布施、お車代を用意します。僧侶が会食を辞退した場合は御膳料も用意する必要があります。

お布施、お車代、御膳料の金額の目安は下記の通りです。

・お布施 3万円程度
・お車代 5,000円~1万円
・御膳料 5,000円~2万円

供花・供物の準備

供花や供物は当日会場に届くよう手配します。葬儀会場やホテルの法要プランには、供花や供物が含まれている場合が多いようです。一般的に供物には、お線香やロウソク、果物やお菓子などが選ばれます。

一周忌の流れ

一般的な一周忌法要の流れは下記の通りです。

  1. 喪主挨拶
  2. 僧侶による読経
  3. 焼香
  4. 僧侶による法話
  5. 喪主(施主)挨拶
  6. 会食

※喪主挨拶は僧侶によっては法話後に行われる事もあります。

参列者のマナーについて

一周忌法要の服装マナーは葬儀参列の際と同格となります。葬儀の際の服装についてはお葬式の服装・小物マナー【大人編】をご覧ください。

参列の際は香典を用意し、不祝儀袋の表書きは、「御仏前」や「御供物料」とします。一周忌法要においては、「御霊前」は使用しないように注意しましょう。

まとめ

・一周忌法要は、故人が亡くなってから一年後の命日である「祥月命日(しょうつきめいにち)に行う法要です。祥月命日が平日で参列者の都合が付かない場合は、命日より前の土日に行うことが一般的です。

・浄土真宗以外の宗派では、法要を命日より繰り下げてはいけないとされていますので、祥月命日に法要を行うことが出来ない場合は繰り上げて行いましょう。

・一周忌法要を行う際には、 寺院への連絡や日時の決定、会場や会食の手配、列席者への連絡など、さまざまな準備が必要となります。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066
FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田