こんにちは、さくらほーるの森田です。

葬儀の際には参列者から香典をいただき、そのお礼として香典返しをご用意しますが、葬儀を行った経験がない方にとっては、香典返しとしてどのような物を選ぶのか、いつお返しをすれば良いのかなど、わからないことが多いかもしれません。

今回はお返しのタイミングや適する品物、地域による違い、金額の目安など、香典返しについて詳しくご紹介します。

香典返しとは?どんな物を選べば良いの?

香典とは、仏教において故人にお供えする「香」の代わりとしてお渡しする金銭のことです。この香典をいただいたことに対するお礼として香典返しをご用意します。

香典返しには、不幸が残らないようにという願いを込めて、食べたり飲んだりすると無くなる「消えもの」や、消費サイクルが短い「消耗品」を選びます。具体的には、のり、お茶、コーヒー、タオル、洗剤などがあげられます。また現在では、カタログギフトを香典返しとして送ることも定着しています。逆に、長く形が残る食器や置物、慶事を象徴する昆布や鰹節、生肉や生魚は香典返しとしてふさわしくありませんので、選ばないように気をつけましょう。

香典返しの金額の目安

香典返しの目安は、いただいた香典の金額によって変わりますので、誰から、いくらいただいたのか記録しておくことが大切です。いただいた金額の1/3から半額程度を目安として品物を選ぶと良いでしょう。

多くの地域では半返しとして、例えばいただいた香典が1万円であれば5千円の品物をお返ししますが、中にはいただいた金額の1/3程度の品物をお返しすることが通例となっている地域もあるので、ご自身が葬儀を行う地域の習慣を確認しておくことはもちろん、遠方から参列される方や香典を送っていただいた方に対しては、そちらの地域に合わせた香典返しをご用意する必要があるかもしれません。地域の風習や各ご家庭の通例を踏まえて検討されることをおすすめします。

また北海道では、いただいた金額に関わらず、通夜や葬儀の当日に一律で1000円〜2000円程度の品物をお返しする「即日返し」が一般的となっています。

香典返しをお渡しするタイミングは?

香典返しは本来、香典をいただいた方に対して、四十九日の法要を無事に終えたことをお伝えする挨拶と併せてお渡ししていました。ですから四十九日の忌明けからあまり間を開ける事なく、遅くても1ヶ月以内にお返しをする必要があります。現在は直接お渡しする機会が減り、忌明けの挨拶状と共に郵送することが一般的となっているようです。

また、前述した北海道以外でも、2000円〜3000円程度の品物を通夜や葬儀の当日にお渡しする「即日返し」を行っている地域もあります。

いただいた香典が高額だった場合

高額な香典をいただくこともあると思いますが、その場合の香典返しはどうすれば良いのでしょうか。高額な香典をいただいた方に対しては、必ずしも半返しをしなければいけないというわけではありませんので、関係性を考慮して香典返しの金額を決めると良いでしょう。一般的には、いただいた額の1/3〜1/4程度のお返しでも問題ないとされています。

香典返しを即日返しとした場合でも、高額な香典をいただいた方には、四十九日の忌明け後に改めて返礼品をお送りすることが一般的です。

まとめ

香典返しとは、香典をいただいたことに対するお礼としてお渡しする品物のことで、食べたり飲んだりすると無くなる「消えもの」や、消費サイクルが短い「消耗品」が用いられます。

多くの地域では、いただいた香典の金額の半額程度の品を香典返しとしてお渡ししますが、いただいた金額の1/3程度の品物をお返しすることが通例となっている地域もあります。

香典返しは四十九日の忌明けから遅くても1ヶ月以内に直接お渡しするか、お送りします。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田