こんにちは、さくらほーるの森田です。

お葬式の事前相談の際に、「お布施をどのくらいお渡しすれば良いのかわからない」というお声をお聞きすることがあります。お寺さんに聞いても「お気持ちで」と言われてしまうケースもあり、お悩みになる方も多いかもしれません。

今回はお布施の相場や、お渡しする際のマナーなどについて詳しくご紹介します。

お布施とは

お布施は、仏式で行われる通夜、葬儀・告別式、法要の際に読経をしていただく僧侶にお渡しするお金です。そう聞くと、読経に対するお礼としてお渡しするものだと感じる方も多いかもしれません。ですが、「布施」とはもともと、悟りを開くための修行の一種で、自分の所有している物を他人に施すことを指していました。このように、お布施は読経に対して支払う料金ではないため、定価などは設定されていません。戒名料(戒名をつけていただく時にかかる費用)、お車代(葬儀会場に出向いていただくことに対するお礼)、御膳料(お葬式で振る舞うお料理の代わりにお渡しするもの)を全て含めて「お布施」としてお渡しすることもあります。

葬儀の際にお渡しするお布施の金額は、地域や宗派によって大きく異なりますので、金額に迷った場合、まずは依頼する寺院に確認してみましょう。次項では地域ごとのお布施の相場をご紹介します。

地域によるお布施の相場の違い

日本消費者協会の葬儀についてのアンケート調査(2017年発表)によると、葬儀のお布施の全国平均金額は47万円となっています。地域によってはこの全国平均とかけ離れた金額が相場となっていますので、以下でご確認ください。

葬儀のお布施相場(地域別)

■北海道地方:33万円
■東北地方:60万円
■関東地方:52万円
■中部地方:53万円
■近畿地方:46万円
■中国地方:42万円
■四国地方:39万円
■九州地方:29万円

※上記には、戒名料・お車代・御膳料が含まれています。

戒名料、お車代、御膳料、それぞれの金額の目安は、以下の通りです。

・戒名料 20万円~
・お車代 5千~1万円
・御膳料 5千~2万円

戒名料、お車代、御膳料を含まない「お布施」のみの相場としては、関東圏は20万円~35万円、関西圏では20万円前後と言われています。

戒名料の相場とは

戒名は本来、仏門に入る際に与えられる名前のことを指していました。ですから、もともとは出家した僧呂が授かるものでしたが、時代の流れとともに、在家信者であっても亡くなってから戒名を授かることができるようになりました。現在では亡くなってから授かることが一般的となっています。

お布施と同じように、戒名料にも定価のような価格設定があるわけではありませんが、金額を提示するお寺もあり、相場に合わせた戒名料をお渡しすることが一般的となっています。

戒名料の目安

信士・信女:20~50万円
居士・大姉:50~80万円
院信士・院信女:30~100万円以上
院居士・院大姉:100万円~

お布施をお渡しする際のマナー

お布施を用意する際は、白無地の封筒(郵便番号の記入欄が無いもの)に入れるか、半紙と奉書紙(ほうしょがみ)と呼ばれる和紙で包みましょう。表書きは「お布施」または「御布施」とします。お布施は葬儀会社に支払うわけではなく、僧呂にお渡しするものですから、葬儀費用を支払うタイミングでお渡しするわけではありません。

僧呂にお布施をお渡しするタイミングは、宗派や寺院によって異なりますが、一般的には葬儀式が終了した後、還骨法要(繰り上げ法要)の前後にお渡しします。

お布施をお渡しする際、手から手へ直接お渡しすることはマナー違反となりますので、切手盆と呼ばれる小さなお盆、もしくは袱紗(ふくさ)の上に置いてお渡しします。

まとめ

お布施は本来、読経に対するお礼としてお渡しするものではなく、悟りを開くための修行の一種として、自分の所有している物を他人に施すことを表します。お布施は読経に対して支払う料金ではないため、定価などは設定されていません。

お布施は白無地の封筒に入れるか、半紙と奉書紙(ほうしょがみ)と呼ばれる和紙で包み、表書きを「お布施」または「御布施」とします。お渡しする時は、手から手へ直接お渡しするのではなく、切手盆と呼ばれる小さなお盆、又は袱紗(ふくさ)の上に置いてお渡ししましょう。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田