こんにちは、さくらほーるの森田です。

これをお読みの方は、「お葬式参列の際は喪服着用が常識」と認識している方が大多数だと思います。それでは、喪服をしっかり用意されているという方はどのくらいいるのでしょうか?社会人になって日が浅い人や、今まで喪服を着用する必要にかられなかった人は、喪服を持っていないということも十分考えられます。

それでは、もしも喪服がない状態で急な訃報を受けた場合、喪服以外の黒いスーツやグレーのスーツなどで葬儀に参列することは可能なのでしょうか?

今回は、お葬式の服装マナーや喪服がない場合の対処法についてご紹介します。

喪服とスーツの違いとは?

喪服のことを、ただの黒いスーツだと思っている方もいるかもしれませんが、喪服と黒のビジネススーツは別のものだということを覚えておきましょう。

喪服も黒のビジネススーツも、パッと見た印象は変わらないように感じても、実は生地の色や光沢、質感が全く違います。

お葬式は正式な場とされているため、喪服に使われる素材もそれに相応しい品質のものが選ばれています。対してビジネススーツは平服に分類されることからもわかるように、本来は正式な場で着用するための衣服ではありません。

喪服の黒とビジネススーツの黒は深さが異なるため、喪服を着用している人の中にビジネススーツで入ると、色の違いが際立つ可能性もあります。

喪服と黒のビジネススーツは、想定される着用シーンが異なるということをおわかりいただけたでしょうか?

続いて、喪服が無い場合の対処法についてご紹介します。

喪服が無い場合の対処法

喪服とビジネススーツの違いは前項でご説明した通りですが、喪服が無い場合はどのように対処すれば良いのでしょうか。

喪服が無い場合の対処法は、親族としてお葬式に参列するのか、一般参列者として参列するのか、自分自身の立場によって異なります。

一般参列者として仮通夜やお通夜に参列するのであれば、黒や濃いグレー、濃紺などのスーツを着用することも可能とされています。ただし、シャツは白無地のカッターシャツを着用しましょう。

もともとお通夜に参列する際は、不幸を見越して準備をしていたと思われることを避け、急な訃報に接して急いでかけつけたことを表すために、平服で参列することが一般的とされていた時代がありました。時代の流れとともに、一般参列者は葬儀式・告別式よりも通夜に参列する機会が増え、通夜にも喪服を着用することが一般的となったといわれています。

親族としてお葬式に参列する場合、通夜も葬儀式も喪服で参列する必要があります。その場合、通夜に間に合うように喪服を購入するか、レンタルを利用して準備するようにしましょう。

喪服がない場合の所持品・装飾品マナーは?

喪服が無く、スーツで仮通夜や通夜に参列する際、バッグやアクセサリーなどの所持品・装飾品のマナーはどうすれば良いのでしょうか。それについては通常葬儀に参列する際のマナーに合わせる必要があります。

例えば、男性がビジネススーツで通夜に参列する場合、ネクタイや靴下は光沢のない黒のものを着用しましょう。自宅に帰って黒のネクタイと靴下を用意する時間がなければ、スーパーやコンビニ、100円ショップなどで購入します。

近年では葬儀規模が縮小しているため、勤め先から通夜に参列する機会は少なくなっていると思いますが、以前は会社のロッカーなどに黒のネクタイと靴下を用意していた人も多かったようです。ネクタイピン、カフスボタン、装飾のある腕時計は忘れずに外しましょう。

女性の場合、ベージュのストッキングはNGとなるため、黒いストッキングを着用します。また、黒のタイツはカジュアルな印象となるため避けた方が良いとされています。結婚指輪やパールの一連ネックレス以外のアクセサリーは外しましょう。近年はダイヤなどがあしらわれている結婚指輪をしている人も多いので、そのような場合は外して参列するようにしましょう。

まとめ

喪服と黒のビジネススーツは、生地の色、光沢、質感が全く違います。喪服は正式な場で着用するための衣服ですが、ビジネススーツは平服に分類されるため、想定される着用シーンが大きく異なります。

一般参列者として仮通夜やお通夜に参列する際は、黒や濃いグレー、濃紺などのスーツを着用することも可能とされていますが、シャツは白無地のカッターシャツを着用しましょう。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田