こんにちは、さくらほーるの森田です。

棺の中に、思い出の品や愛用品などの副葬品を入れることがありますが、入れてはいけないものがあることをご存知でしょうか?

今回は、副葬品について詳しくご説明します。

棺に入れられるもの

棺には故人の好きだったものや趣味に関するものなどを「副葬品」として納めることができます。副葬品は、故人があの世に行っても困らないことや楽しく過ごしてくれることを祈り、残された人達が心残りなく故人を弔うことを目的として納められます。

手紙

故人が大切にしていた手紙や、家族が故人に向けて書いた手紙を棺に入れるケースが多くあります。生前は照れくさくて伝えられなかった思いなどを最後に伝えるために、手紙を用意される方も少なくないようです。

思い入れのある服やよく来ていた服

記憶に残るシーンで着用していて思い入れのある服や、お気に入りの着物、いつも着ていた服などは、副葬品としてよく用いられます。

好きな食べ物

故人の好きだった食べ物を棺に納めることも多くあります。ただし、水分が多く、火葬を妨げる食べ物は避け、ビンや缶などの容器からは取り出しましょう。

最後のお別れの際に入れる「お別れ花」とは別に、故人が好きだった花や思い出のある花を用意して、棺に入れる方もいます。 他にも、故人が育てていた花や、お孫さんが入れてあげたい花を用意された方もいらっしゃいました。

趣味に関わるもの

故人の趣味で使うものを入れる場合もあります。ガーデニングが好きな人には花の種、絵を書くことが好きな人には画用紙など、「あの世でも趣味を楽しんで欲しい」という気持ちを込めて用意することで、後々まで記憶に残るお別れの時間となるのではないでしょうか。

棺に入れられないもの

燃えにくいものや、燃やすとダイオキシンが発生するものは副葬品として適さないため、基本的に棺に納めることはできません。

ガラス製品・貴金属類

眼鏡・宝石・指輪・硬貨・プラチナ・アルミニウムなど

プラスチック製品・化学繊維製品

おもちゃ・人形・釣竿・ゴルフクラブ・テニスラケット・義手義足など

燃えにくいもの

水分の多い果物・厚い書籍・ドライアイス・寝具など

危険物

ガスライター・電池・スプレー缶など

※副葬品の制限品目は、火葬場ごとに異なる場合があります。入れられるのか入れられないのか判断が難しければ、葬儀会社スタッフに確認しましょう。

生きている人の写真は要注意

写真を入れることは可能ですが、生きている人の写真を入れると「あの世に連れて行かれそうで縁起が悪い」と考える人もいるので、周囲の方によく確認する必要があります。

例えば、お孫さんのことが大好きだった故人様の棺に、お孫さんと一緒に写っている写真を入れたいと思っても、「万が一、孫が連れて行かれては困る」と思う人もいるかもしれません。

「今どき縁起を気にするなんて考えが古い」と思う人もいるかもしれませんが、生死に関わることは非常にデリケートですから、念には念を入れるくらいが望ましいと言えるのではないでしょうか。

まとめ

故人と一緒に棺に納める副葬品は、火葬の妨げとなる燃えにくいものや、燃やすとダイオキシンが発生するものは避け、燃えやすいものや燃やしても問題ないものの中から選ぶ必要があります。

副葬品に関するルールは火葬場ごとに異なります。判断が難しい場合は葬儀会社スタッフに確認してみると良いでしょう。

生きている人が写っている写真を棺に入れることを「縁起が悪い」と考える人もいるため、写真を入れる場合は周囲にしっかり確認する必要があります。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田