こんにちは、さくらホールの森田です。

ご葬儀を無事に終えた後はひと段落つくかというとそうではなく、様々な手続きや準備が必要となり、気が休まる暇が無いと感じる喪主様も多くいらっしゃいます。

今回はその中のひとつ、「納骨の準備」についてご説明いたします。

納骨の期限はいつまで?

お客様から「納骨はいつまでにすれば良いのですか?」というご質問をいただくことがあります。実は納骨の時期に決まりはないのですが、仏式葬儀を行った方の多くは四十九日法要や一周忌法要の際に納骨されるようです。

先祖代々のお墓があったり、生前にお墓を用意していたりする場合は四十九日法要の際に納骨を行うことが可能ですが、葬儀後に納骨場所を用意する場合は四十九日法要に間に合わない可能性があります。

四十九日に間に合わなくても納骨式を別に行うことができますし、百箇日法要や新盆、一周忌法要の際に納骨することも可能です。

あまり知られていませんが、遺骨はどこかに必ず納骨しなければいけないと決められているわけではなく、納骨せずに自宅で保管し続けることも不可能ですが、温度や湿度の影響を受けて遺骨にカビが生えることもありますので、できればお墓や納骨堂に納骨された方が良いでしょう。

また、納骨の際には火葬場から受け取った「埋葬許可証」が必要となりますので、紛失したり保管場所を忘れてしまったりしないように、しっかり管理しましょう。

 

納骨までに必要な準備

納骨場所がある場合

僧呂への依頼

多くの場合、四十九日法要と同日に納骨法要を行います。四十九日法要と納骨法要を依頼し、日程を調整します。

石材店への依頼

お墓に名前を入れる必要がある場合、石材店などに依頼して彫刻してもらいましょう。お墓には必ず戒名や俗名を入れなければいけないかと言えばそのような決まりはありませんが、多くのご家庭では納骨までの間に戒名や俗名を彫刻されるようです。また、お墓に納骨する際は重たい墓石を動かす必要があるため、この作業も併せて依頼すると良いでしょう。

墓地・納骨堂への連絡

墓地や納骨堂に納骨の日程を伝えます。必要な手続きを行います。

納骨場所がない場合

墓地や納骨堂を探す

納骨場所が決まっていない場合はお墓や納骨堂を探して用意します。お墓を建てる場合、墓地の場所を選ぶところからはじまり、墓石を決め、工事を行うため、納骨までに6カ月程度かかることも珍しくありません。納骨堂は墓石の選定や工事の必要がないため、比較的短期間で納骨することが可能です。

僧呂への依頼

納骨場所が決まり納骨時期のめどが立ったら僧呂に依頼して納骨法要の日程を決めます。四十九日法要に間に合えば、多くの場合四十九日法要と納骨法要を同日に行います。四十九日法要に間に合わない場合、百箇日法要や一周忌法要の際に納骨する方が多いようです。

墓地・納骨堂への連絡

墓地や納骨堂に納骨の日程を伝えます。必要な手続きを行います。

無宗教の場合

近年では無宗教の葬儀も増えているため、納骨の際に納骨法要を行わないケースも増えてきました。納骨法要を行わない場合は僧呂への連絡など必要ないため、墓地・納骨堂・石材店などに連絡をして納骨を行います。

まとめ

納骨時期に期限はありませんが、仏式葬儀を行った方の多くは四十九日法要や一周忌法要の際に納骨をされるようです。

納骨までの準備としてあげられるのは、僧呂への連絡、納骨場所への連絡、石材店への依頼などがありますが、無宗教の場合は納骨法要も行わないため、僧呂への連絡は必要ありません。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田