こんにちは、さくらほーるの森田です。

葬儀に参列した時、祭壇の近くに供物(くもつ)が置かれているのを見たことはありますか?一昔前まで、葬儀と言えば家族や親族はもちろん、仕事関係者、友人、知人などたくさんの方が参列していたため、葬儀の際に供物が並べられている様子は見慣れているという方も少なくないと思います。

では、どうして葬儀には供物が飾られるのか、その理由をご存知でしょうか?供物は誰が、どんな目的で用意するのでしょうか?

今回は供物を用意する理由や適した品物、手配方法などについてお話します。

葬儀で供物を送る理由とは

供物は故人の親戚など親しい間柄にあった方が、故人を偲ぶ気持ちや遺族への弔意を表すために送ります。また、仏様への感謝の気持ちを表すためのものでもあります。

供物を送るのはほとんどの場合親戚ですが、友人や職場の仲間が連名で送る場合もありますし、親しい間柄の友人であれば個人で送ることもあります。

葬儀に供物を送る方法や値段の相場

供物を送る場合はどこに依頼すれば良いのでしょうか?葬儀社によっては会場の雰囲気に合わせて祭壇周りを飾っている場合もあるため、供物を送る際は遺族に相談するか、葬儀を執り行う葬儀社に依頼すると良いでしょう。

一般的に供物の相場は5,000円~15,000円程度です。前述したように供物を送るのは親戚が多いのですが、故人が所属していた団体(会社・学校など)や友人から送られることもあります。

葬儀に供物を送る際のマナーとは

葬儀に供物を送る際には守らなければいけないマナーがあります。遺族に不快な思いをさせてしまうことがないよう、マナーを守って送るようにしましょう。

宗教ごとに異なるマナー

供物に適する品物は宗教によって異なるため、供物を送る際には故人の宗教を確認する必要があります。その意味からも、遺族に相談することや葬儀社に依頼することが大切になります。また、供物のマナーは地域によっても異なります。

・仏教の供物
ろうそく、線香、日持ちのするお菓子、果物、故人の好物などが適しています。殺生を連想させる肉や魚などは適さないため、故人の好物だとしても供物として送ることは避けましょう。

・神道の供物
仏教同様、果物や日持ちのするお菓子は供物に適しています。仏教ではタブーとされている海産物は、神道においては神の恩恵と考えられているため、供物として供えることができます。この他、酒や故人の好物も適しています。

・キリスト教の供物
キリスト教には葬儀で供え物をする習慣がありませんので、供物を送る必要はありません。

供物の包み方

供物には掛け紙をかけ、香典と同様に水引と表書きも必要となります。
水引は白黒の結びきりを使用し、表書きは薄墨で「御供物」「御供」「御霊前」などと書きます。

遺族の意向を確認する

葬儀の縮小化や簡素化が進んだ現在では、遺族が供物を辞退するというケースが見られます。そのため、遺族や親族以外の方が供物を送る際は、事前に喪主や遺族の意向を確認することが大切です。喪主や遺族が供物を辞退する場合、送りたい気持ちがあっても無理に送ることは避けましょう。

まとめ

一般的に葬儀における供物の相場は5,000円~15,000円程度です。供物は、親戚など故人と近しい関係の方が、故人を偲ぶ気持ちや遺族への弔意を表すために送ります。供物はほとんどの場合親戚が送りますが、友人や職場の関係者が連名で送るケースもありますし、故人とかなり親しい間柄の友人等が個人で送ることもあります。

葬儀社によっては葬儀会場の雰囲気に合わせて祭壇周りを飾るため、供物を送る際は前もって遺族に相談するか、その葬儀を担当する葬儀社に依頼することをおすすめします。

供物に適する品物は宗教によって異なります。また、地域によっても風習が異なるため、供物を送る際は事前に遺族に相談する必要があります。

 

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田