こんにちは、さくらほーるの森田です。

近しい親族や親しい友人などが亡くなり訃報を受けた場合、一般的には葬儀に参列することになると思います。ですが、体調不良などの理由で、どうしても参列できないこともあるのではないでしょうか。

関係性が深い方が亡くなってしまった時、葬儀に参列できなくても弔意を表したいと思う方は多いと思いますが、そのためには何をすれば良いのでしょうか。

今回は葬儀を欠席する際の連絡手段や香典の渡し方、供花の送り方など、弔意を表すための方法をまとめました。

葬儀を欠席する場合の連絡方法

電話で連絡する

基本的に欠席の連絡は電話ですることが多いでしょう。電話では、どうしても都合がつかず葬儀を欠席することへの謝意を表し、お悔やみの言葉をお伝えします。

電話をかける際は長話にならないように気を付けましょう。葬儀前のご遺族は葬儀社や宗教者との打合せなどで忙しくされているので、用件を簡潔に伝えましょう。

 メールやSNSで訃報を受けた場合

メールやSNSで訃報が届く場合もあると思います。
その場合は電話同様に葬儀欠席のお詫びとお悔やみの言葉を伝えましょう。
「文字のやりとりだけでは冷たい印象を与えてしまうのでは?」と心配になるかもしれませんが、だからと言って絵文字や顔文字を使うことは控えましょう。

メールで訃報を受けた場合でも、葬儀が終わって落ち着いた頃にこちらから電話をかけるなどして改めてお悔やみの言葉をお掛けすることで、誠意が伝わりやすくなります。

葬儀を欠席する場合の香典の渡し方

葬儀に参列できない場合、 参列する方に香典をお預けして、葬儀の際に一緒に渡してもらうことが可能です。それが難しければ、現金書留を利用して遺族にお送りします。その際には香典だけではなく、短いお手紙を添えると丁寧な印象になり気持ちも伝わります。

葬儀に参列できない時の弔意の表し方は?

止むを得ない理由で葬儀に参列できない時、香典をお渡しする以外にお悔やみの気持ちを表すためにはどのような方法があるのでしょうか。

 弔電を送る

宛名を喪主として、葬儀の前日までに葬儀会場に届くように送りましょう。NTT、KDDI、ソフトバンクなど様々な企業が弔電を取り扱っていて、ウェブページ上に例文も記載されています。 

供花・供物を送る

供花や供物を送る際は宗教、宗派、会場の広さなどによってマナーが変わるため、実際に葬儀を行う葬儀社に依頼することをおすすめします。

葬儀の規模によっては、会場に供花や供物を並べる際に時間がかかることがあるため、時間に余裕を持って注文することが大切です。

お悔やみの手紙を出す

葬儀を欠席することへの謝罪やお悔やみの気持ちと共に、ご遺族への気遣いを記した手紙をお送りすることでも弔意を表すことが可能です。

手紙を書く際には、拝啓・謹啓などの語頭や時候の挨拶は書かかないように気を付けましょう。また、故人様の死因について尋ねることはマナー違反です。悲しみ深いご遺族の心を傷つけることの無いよう、手紙を書く際には十分な配慮が必要となります。

後日自宅を訪問する

自宅へ弔問にうかがう場合は、葬儀が終わってから数日後~四十九日の間が望ましい期間です。事前に弔問にうかがいたい旨をお伝えし、日時をお約束しましょう。

香典をお渡ししていなければ持参し、既に香典をお渡ししている場合はお花やお線香などの供物を持参すると良いでしょう。

まとめ

訃報を受けて葬儀に参列することができないと判断した場合、基本的には電話で連絡を入れ、欠席する旨と謝罪の気持ち、お悔やみの言葉をお伝えします。

葬儀に参列できなくても、香典を渡す、弔電・供花・供物を送る、お手紙を出す、自宅弔問にうかがうといった方法で弔意を表すことが可能です。

 

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田