こんにちは、さくらほーるの森田です。

日本では、「友引にはお葬式ができない」という認識が定着していますが、その詳しい理由をご存知でしょうか?正確には友引だからお葬式が出来ないというわけではないのですが、そのような認識が広まるにはやはり理由があります。

今回は友引を避けてお葬式を行う理由についてお話します。

友引って何?

友引は、昔中国で占いに使われていた暦「六曜」の中の1日で、鎌倉時代末期に日本に伝わり、江戸時代に流行したと言われています。

六曜には友引の他に先勝(せんしょう・さきがち)、 先負(せんぶ・さきまけ) 仏滅(ぶつめつ)、 大安(たいあん・だいあん)、赤口(しゃっこう・せきぐち)という日があり、それぞれに意味があります。現在でも六曜が印刷されているカレンダーや手帳が販売されていることからも、日本に定着していることがよくわかりますね。

 友引にはどんな意味があるの?

友引はもともと「共引」という漢字が使われていて、その頃は「勝負がつかない日」と解釈されていました。この「共引」という漢字がいつの間にか「友引」となり、それとともに「友を引き寄せる」という意味に変わりました。このことから、結婚式などのお祝い事には良い日とされていますが、お葬式の場合は「あの世に引っ張られる」として友引を避ける風習があります。

仏教と六曜の関係

六曜には「仏滅」があるため、仏教と関係があると思っている人もいるようですが、六曜と仏教に関係性はありません。前述したように、六曜は中国から伝わった占いのための暦ですが、仏教の開祖であるお釈迦様は占いを否定していました。お釈迦様は占いには根拠が無く、人を惑わせて不幸にすると考えていたようです。

友引にお葬式はできないの?

このように、お葬式をする時に友引を避けることに宗教的な理由はないのですが、古くから日本に根付いている風習であり、今でも「友引のお葬式は縁起が悪い」と思っている人がいることは事実です。

そのため友引は他の日に比べてお葬式をする人が少なく、利用者が少ない友引を休業日としている火葬場も多くあります。以前こちらのブログでご紹介した茨城県筑西市の火葬場「きぬ聖苑(きぬせいえん)」も友引が休業日の火葬場です。

※きぬ聖苑についての詳しい情報はこちらをごらんください。

火葬場が休業日ということは出棺ができないので、その日は告別式が行えないということになります。

以前に比べると六曜を気にする人は減ってきたようですが、ご年配の方などはまだまだ気にされる傾向があり、友引に葬儀をすることになった場合参列者の中には「友引にお葬式をするなんて・・・」と思う方がいないとはかぎりませんので、葬儀が友引になりそうな時は家族や周囲の方としっかり話し合うことをおすすめします。

まとめ

・友引は、昔中国で占いに使われていた暦「六曜」の中の1日です。「共引」という漢字が使われていた頃は「勝負がつかない日」とされていましたが、現在では「友を引き寄せる」という意味を持ち、結婚式などのお祝い事には良い日とされていますが、お葬式の場合は「あの世に引っ張られる」として友引を避ける風習があります。

・友引と仏教に関係性はなく、友引に葬儀を行うことを避ける風習に宗教的な根拠はありませんが、現在でも縁起を気にする方は多いため、葬儀が友引になりそうな場合は家族や周囲の人とよく話し合うことが大切です。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田