こんにちは、さくらほーるの森田です。

お葬式の際は遺影写真を飾ることが一般的ですが、事前にしっかり準備している方はそれほど多くありません。ですから、葬儀の準備で忙しい中ゆっくり写真を選ぶ時間が取れず、「前もって準備しておけばよかった」と思う方も多いでしょう。

遺影と言うとお葬式の時にだけ飾るものと認識されている方もいますが、実際には葬儀後も長く自宅に飾る方が多いのではないでしょうか。ですから遺影は葬儀だけでなく、その後もずっと手を合わせることになる大切な写真だと言えるでしょう。

そこで今回は遺影写真を選ぶ時のポイントと、遺影写真が見つからない時の対応方法についてお話します。

遺影写真を選ぶ時に気を付けたいポイント

ご家族が亡くなると、葬儀の準備をしながら遺影写真の元となる写真を選ぶ方が多いのですが、ぼやけずにきれいな遺影写真を作成するために時間の無い中でもおさえておきたいポイントがあるので以下にご紹介します。

ピントが合っていて故人が大きく写っている写真を選ぶ

遺影写真を作成する際は大きく引き伸ばすため、ピントが合っていない写真や故人が小さく写っている写真は不向きです。

写真用紙にプリントされている写真を選ぶ

プリントした写真を使う場合、普通用紙に印刷されたものは避け、写真用の光沢紙に印刷されている写真を選びます。表面がデコボコしている絹目の写真は光沢紙に比べて仕上がりがぼやけてしまうため、遺影に使用するのは避けた方が良いでしょう。

デジタルデータは200万画素以上

スマートフォンやデジタルカメラで撮影したデジタルデータを使って遺影を作成する場合、200万画素以上のデータを使用しましょう。

以上がぼやけず、きれいに遺影写真を仕上げるためのポイントです。満足できる遺影写真を作成するためには、上記の他に、故人本人やご遺族が気に入る写真を使うことが大切です。遺影に使う写真について決まりは無いので、故人の人柄が伝わる写真や思い出深い写真を選ぶことで、長くご遺族の心に寄り添う遺影を作成することができるのではないでしょうか。

写真が無い時はどうする?

どこに写真がしまってあるのかわからなかったり写真を撮る習慣が無かったりして、遺影に使えるような写真が見つけられないという場合もあります。そのような時はどうしたら良いのでしょうか?

免許証やパスポートの写真を使う

免許証やパスポートなどの証明写真を使って遺影を作成することが可能です。

親戚や友人に確認する

普段は写真を撮る機会がなくても、一緒に出掛けたり旅行に行ったりした時に撮った写真を、親戚や友人が持っている可能性があります。親しい親戚や友人に確認してみましょう。

最近では、生前に遺影写真の元となる写真を用意される方も増えてきました。生前遺影写真プランを用意しているフォトスタジオもあり、衣装レンタルやヘアメイク等のオプションが用意されていたり、趣味や仕事に関する道具を持ち込めたりと、楽しみながら撮影することも可能となっています。ご家族が遺影写真選びで困らないように、事前にご用意されることも考えてみてはいかがでしょうか。

作成はどこに依頼すれば良いの?

多くの場合、遺影の作成は葬儀社のプランに含まれているので、写真やデータを渡して遺影を作成してもらいましょう。

まとめ

・遺影写真は葬儀の時だけではなく、葬儀後もご自宅に飾って長く使うことになる大切な写真です。

・大きく引き伸ばして作成する遺影写真をきれいに仕上げるためには、ピントが合っていて故人が大きく写っていること、表面がツルツルした写真用紙にプリントされていること、200万画素以上のデジタルデータを使用することが大切なポイントです。

・遺影写真が見つからない時は、免許証やパスポート等の証明写真を使って遺影を作ることも可能です。また、親しい親戚や友人に故人の写真を持っていないか確認してみても良いでしょう。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田