こんにちは、さくらほーるの森田です。

仏式の葬儀に参列する際は焼香をしますが、正しい作法をご存知でしょうか?正確な作法を知らないため、周りの参列者の方を見て同じ作法で焼香をしている方も多いのではないでしょうか。

今回は知っておくと安心できる焼香の作法についてのお話です。

焼香の作法【基本と各宗派の作法】

焼香は喪主、遺族、親族、一般会葬者というように、故人と関係が深い順に行います。基本的な焼香の手順は以下の通りです。

① 焼香台へ進みご遺族に一礼。焼香台へ一歩近づき遺影に向かって一礼。
②左手に数珠を持ち、右手の中指、人差し指、親指で抹香(まっこう)をつまむ。
③抹香を額の位置まで持ち上げる。
※この動作を「押しいただく」と言います。
④香炉に抹香をくべた後、合掌して一礼。
⑤ご遺族に一礼。

各宗派の作法

焼香の作法は宗派ごとに異なります。故人の宗派の作法に合せて行うものだと思っている方も多いようですが、焼香をする本人の宗派の作法で行っても問題はありません。

各宗派の「押しいただく回数」や「抹香をくべる回数」を以下にまとめました。

・曹洞宗      回数は2回。1回目は押しいただき、2回目はそのままくべる。
・浄土宗      決まりなし。
・浄土真宗本願寺派 押しいただかずに1回焼香する。
・真宗大谷派    押しいただかずに2回焼香する。
・真言宗      押しいただいてから3回焼香する。
・天台宗      1回か3回が多いが決まりはなし。
・臨済宗      多くは1回だが決まりはなし。
・日蓮宗      多くは3回だが決まりはなし。

なぜ焼香をするの?

仏教においてお香は不浄を祓うものとされ、様々な仏事で使われます。葬儀の際の焼香は、お香の香りで邪気を祓い、故人の冥福を祈るために行われています。

焼香のスタイルは3種類

焼香には、祭壇の前に立って行う「立礼焼香」、低い祭壇の前に座って行う「座礼焼香」、自分の席に座ったまま行う「回し焼香」の3種類があります。

葬儀会館で行われる葬儀は「立礼焼香」

葬儀会館で行われる葬儀の際は、祭壇の前に立って行う「立礼焼香」が一般的です。参列者は祭壇前に備えられた焼香台へ進み、焼香を行います。

自宅葬では「座礼焼香」

自宅で葬儀を行う自宅葬の場合は、座って焼香をする「座礼焼香」が一般的です。自宅葬では、参列者が座布団に座って葬儀を行うことが多いため、祭壇や焼香台も低い位置に配置します。

立礼焼香と同じく順番に焼香台に進んで焼香をしますが、移動する際の作法は異なります。近くに焼香台がある場合は立ち上がらず「膝行(しっこう)・膝退(しったい)」という方法で移動し、焼香台が遠い場合は中腰で移動します。

※膝行・膝退
正座をしたままでつま先を立て、膝を使って移動すること。

狭い会場では「回し焼香」

狭い会場で葬儀を行う場合や、参列者が大勢いて移動に時間がかかる・移動しづらいという場合は、香炉と抹香を回して席に座ったまま焼香を行います。

まとめ

・焼香は故人と関係が深い順に行います。焼香は、お香の香りで邪気を祓い、故人の冥福を祈るために行われています。

・焼香の作法は宗派によって異なります。故人の宗派の作法に合せて行っても、焼香をする本人の宗派の作法で行っても問題はありません。

・焼香には、祭壇の前に立って行う「立礼焼香」、低い祭壇の前に座って行う「座礼焼香」、自分の席に座ったまま行う「回し焼香」の3種類があり、葬儀を行う会場の広さや人数に合わせた焼香が行われます。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田