こんにちは、さくらほーるの森田です。

お葬式が終わった後、ご遺骨はお墓や納骨堂に納めることが一般的ですが、近年ではご自宅で保管する「手元供養」を選ばれる方も出てきました。

今回はご自宅でご遺骨を保管する「手元供養」の方法や注意点についてのお話です。

手元供養は違法にならない?

お客様から「遺骨はいつまでに納骨したら良いのでしょうか?」といったご質問をいただくことがありますが、納骨の時期は特に定められていません。そして、ご遺骨を納骨せずにご自宅で保管することも可能です。

日本の法律では「遺骨を埋葬・納骨をする場合、自治体が認めた場所にする」と定められていますが、「埋葬・納骨をしなければならない」という決まりはありません。

どういうことかと言うと、例えば自治体が認めていない場所(空地・公園・自宅の庭など)に遺骨を埋めると法律違反となりますが、自宅で保管するのであれば違法にならないということです。

ですから、ご遺骨をご自宅で保管する「手元供養」を行っても全く問題ありません。

ご遺骨の保管方法

手元供養には、全てのご遺骨をご自宅で保管する方法と、お墓や納骨堂に納骨をして、一部のご遺骨をご自宅で保管する方法があります。

それでは手元供養を選択する場合、ご遺骨はどのように保管すれば良いのでしょうか。一般的に用いられている骨壺や骨箱は大きいので、そのままご自宅で保管するとなると置く場所に困る方も多いのではないでしょうか。

そのような理由から近年では、ご遺骨をパウダー状に砕く「粉骨」という方法が用いられることも多くあります。粉骨するとご遺骨が1/3程度の量になるため普段は棚などに収納し、お盆や命日などの節目には取り出してお参りすることも可能です。小さめの骨壺に入れて仏壇や供養コーナーに供えておいても良いですね。

近年の住宅事情では仏間や仏壇がないご家庭も多いので、洋室に置いても馴染むようなデザインの骨壺や骨箱を選ぶことで手元供養がしやすくなるのではないでしょうか。

また、ご遺骨やご遺灰を納めることができるアクセサリーを身に着けるという形の手元供養を選ばれる方もいらっしゃいます。

手元供養の注意点

手元供養を選択する場合、ご遺骨の保管状況や最終的な置き場所といった点について注意が必要となります。以下に注意点をまとめました。

カビが生えない保管場所を選ぶ

意外に感じられる方も多いと思いますが、保管状況によってはご遺骨にもカビが生える恐れがあります。高温多湿で風通しが悪いところに長期間置くことは避け、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管することが大切です。粉骨して真空パックにするとより安心できるでしょう。

家族の同意を得る・来客に配慮する

生活空間にご遺骨を保管することに対して抵抗を感じる方もいらっしゃいます。さまざまな供養の形が定着してきてはいますが、ご年配の方を中心に、やはり遺骨はお墓に納めることが常識的だと考える方もいらっしゃいます。

供養についてはご家族としっかり話し合い、納得できる形で行うことが大切です。同じ理由で来客への配慮も必要となります。来客時には見えない場所に移すなどすると良いでしょう。

最終的なご遺骨の置き場所を検討する

ご遺骨を保管している人が管理できない状況になった時は、ご家族に管理をしてもらう必要があります。ご家族が引き継いで自宅で保管するのか、お墓や納骨堂に納めるのか、海や山に散骨するのか、よく話し合って決めましょう。

 

まとめ

・ご遺骨をご自宅で保管する「手元供養」を行うことは法的に問題ありません。 手元供養には、全てのご遺骨をご自宅で保管する方法と、お墓や納骨堂に納骨をして一部のご遺骨をご自宅で保管する方法があります。

・ご遺骨にカビが生えるのを防ぐため、高温多湿で風通しが悪いところに保管することは避け、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管しましょう。

・手元供養についてご家族の理解を得ることも大切です。ご遺骨を管理し続けることが難しくなった場合についても話し合っておきましょう。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田