こんにちは、さくらほーるの森田です。

日本ではお坊さんがお経を読む仏式のお葬式が一般的ですが、中にはお坊さんを呼ばずに無宗教葬をする方もいらっしゃいます。
では、お坊さんを呼ばない無宗教葬はどんな人でも可能なのかと言うと、場合によっては注意が必要となるため、誰でも簡単に行えるというものではありません。

また、宗教離れが進んでいると言われる現在も仏式のお葬式が多数を占めている状況ですから、無宗教葬と言われてもどのように行われているのか想像できないという方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、無宗教葬を希望する際の注意点や無宗教葬の内容についてまとめました。

無宗教葬の注意点

お坊さんを呼ばずに無宗教葬を希望する場合、まずは以下の3点を確認しましょう。

菩提寺と納骨先

お坊さんを呼ばずに葬儀を行いたいと思っても、お付合いをしているお寺(菩提寺)がある方は難しい場合があります。なぜかというと、菩提寺にお墓や納骨堂を持っていてそこに納骨するためには、菩提寺のお坊さんに戒名をもらう必要があるからです。ご自身やご家族は信仰心が薄く無宗教葬を希望するという場合でも、菩提寺はあるのか、納骨先はどこなのかを確認しておくことが大切です。

親族の理解は得られるか

ご家族やご親戚の同意が得られるかどうかも大切なポイントです。

現在では、普段から親族と葬儀について話をされる方は少なく、葬儀に対する考え方の違いを感じる機会も無いのではないでしょうか。ですが実際は、親族の中に信心深い人がいて無宗教葬を良く思わなかったり、年配の方の理解が得られなかったりと、葬儀に対する考え方は様々です。事前にしっかり説明して理解を得られるようにしておきましょう。

無宗教葬をする理由をはっきりさせる

「お坊さんを呼ばなければ費用が安くなる」「信仰心がない」などの理由で安易に無宗教葬を選ぶことはおすすめしません。お坊さんを呼ばない無宗教葬は宗教儀礼がないため、目的がはっきりしていないとすぐに終わってしまって淋しい葬儀になる場合があるからです。

また、葬儀は故人様やご遺族様がご納得されることが大切なのは勿論のことながら、「ご親戚やご友人がお別れをするための場」という役割もあります。故人様とご縁のあった方々がそれぞれに気持ちを整理するためにも、無宗教で葬儀を行う意義や葬儀の内容について、ご遺族でしっかり話し合う必要があると言えます。 

無宗教葬の内容

無宗教葬は読経や焼香などの決まった宗教儀礼を行わず、自由な形式で行われる葬儀です。そのため、どのような内容の葬儀を希望するのか事前に葬儀会社としっかり話し合うことが大切です。ここでは無宗教葬の事例の一部をまとめました。

無宗教葬の事例

・故人の好きだった音楽や思い出に残っている音楽を流す(献奏)
・参列者が歌を歌う
・故人の作品や趣味に関わるもの、仕事道具などの展示
・花を捧げる(献花)
・お別れの言葉(弔事)
・VTRやナレーションで故人を偲ぶ
・食事会

まとめ

・無宗教葬を希望する場合は、お付合いのあるお寺(菩提寺)の有無や納骨場所を確認すると共に親族の理解を得ることで、菩提寺へ納骨できなかったり、親族とトラブルになったりすることを防ぎましょう。

・無宗教葬を選ぶ場合、目的をはっきりさせておくことも大切です。お坊さんを呼ばない無宗教葬は宗教儀礼がなく、すぐに終わってしまって淋しい葬儀になる場合があります。

・無宗教葬は内容や進行に決まりが無いため、事前に葬儀会社とよく話し合う必要があります。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田