こんにちは、さくらほーるの森田です。

葬儀に参列する時は喪服さえ着ていれば安心できると思っていませんか?実は靴下やハンカチ、バッグやアクセサリー等にもマナーがあるため、それを知らずにマナー違反をしてしまうと、ご遺族や他の参列者に不快な思いをさせてしまう可能性があります。

そこで今回はお葬式の際の服装や小物のマナーについてお話いたします。

服装のマナー

男性の服装

喪服(ブラックフォーマル)に白のシャツ、黒のネクタイ、黒の靴下、黒の靴を着用することが一般的です。シャツ、ネクタイ、靴下は無地で光沢のないもの、靴も飾りや光沢のないものを選び、ローファーは避けます。ネクタイピンやカフスボタンは付けずに参列しましょう。

※冠婚葬祭に適した衣服の中でも黒の衣服を「ブラックフォーマル」と呼びます。上質な生地が使われており、黒色の深さも一般的なブラックスーツ等とは違うため、普段着用する衣服で代用することは避けましょう。

女性の服装

女性も喪服(ブラックフォーマル)を着用します。
女性のブラックフォーマルにはワンピースやアンサンブルなどがあります。お葬式に着用するブラックフォーマルは肌の露出が少ないものを選び、インナーも襟元が締まっているものを選びます。フリルや透ける素材は適さないのでやめましょう。

ストッキングは黒を着用し、靴は装飾や光沢のない黒のパンプスを履きます。ヒールの高さは3cmから5cmを目安とし、高すぎるピンヒールは避けましょう。サンダルやミュールなどカジュアルな靴もNGです。バックストラップの靴は踵が見えるので、これもNG
となります。

アクセサリーはオーソドックスな結婚指輪、真珠の一連ネックレス程度とし、それ以外は身に着けない方が無難です。

透明やベージュ系などの目立たないネイルはしていても問題ありませんが、ラメやラインストーンなど派手なネイルは落としましょう。急なお葬式で落とすのが難しい場合はお葬式用の手袋をして参列すればマナー違反にならないため、ネイルをする機会が多い方は用意しておくと安心できます。

小物・持ち物のマナー

バッグ

光沢や柄、派手な金具などが無い黒いバッグを持ちましょう。殺生を連想させる革製品は避けた方が良いでしょう。また、黒の布製であっても、カジュアルな印象を与えるトートバッグやショルダーバッグは適さないのでやめましょう。

荷物が多くなってしまう場合は黒い布製のサブバッグを持参します。ビーズ・スパンコールなどの装飾や、光沢がある素材のものは避けましょう。華美でなければレースがついているものも使用できます。

ハンカチ

白無地のハンカチがベストですが、黒や紺などの濃色でも問題ありません。生地と同色の控えめな刺しゅうやレースは可、ラメなどの光る装飾のものは避けましょう。

数珠

仏式のお葬式では数珠が必要です。数珠は宗派によって色や形が異なりますが、近年では宗派を問わずに使える略式数珠をお持ちの方が多いようです。数珠の貸し借りはマナー違反となるため、一人一つずつ持つようにしましょう。

まとめ

お葬式では男女ともに喪服(ブラックフォーマル)を着用します。一般的なブラックスーツとは黒の深さが違い生地も上質なため、代用するのはNGです。靴やバッグは黒で装飾や光沢がないものを選びましょう。ハンカチは無地の白がベストですが、黒や紺といった濃色でも問題ありません。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田