こんにちは、さくらほーるの森田です。

お葬式に参列した経験はあっても、お葬式の喪主を務めたことがある方は少ないと思います。喪主が具体的に何をするのかご存知ない方も多いでしょうし、いざと言う時に誰が喪主を務めるのか考えたことが無い方もいるでしょう。

そこで今回は葬儀の際に誰が喪主を務めるのか、喪主としてどのような役割があるのかをご紹介致します。

どんな人が喪主を務めるの?

喪主を務める人に決まりはありませんが、喪主は葬儀を行うにあたり中心となって多くの事柄を取り仕切ることになるため、一般的に故人と関わりが深い方が務めます。

まず候補となるのは故人の配偶者です。配偶者が病気を患っている等の理由で喪主を務めるのが困難な場合は、故人の子どもが喪主を務めます。本州では長男が喪主を務める場合が多いようです。

また、高齢などの理由で配偶者が喪主を務めるのが難しい場合、喪主の名前は配偶者としたまま、子どもが施主として喪主の役割を代行することもあります。

故人に配偶者がいなければ、両親や兄弟姉妹、甥姪といった親族の中から血縁関係が近い順に候補となる場合が多いようです。また、故人が遺言で喪主を指名している場合、できる限りそれに従います。

喪主の役割は葬儀の時だけで終わるものではなくその後の法要なども執り行うことになるため、誰が務めることが望ましいのか長期的に考え、遺族がよく話し合って決める必要があります。

故人に親族がいなければ、入所していた施設の関係者や親しい友人が喪主を務める場合もあります。
その場合は「喪主」とは呼ばず「世話人代表」や「友人代表」と呼びます。

喪主の役割

逝去から通夜まで

逝去後は、喪主が中心となって葬儀の準備を進めます。喪主の経験がない方はもちろん、喪主の経験があったとしてもそう度々担う役割ではないため、「いつ何をすれば良いのかわからない」という方が大多数だと思います。逝去から通夜までの間に行う必要がある項目は下記の通りとなりますが、これらすべてを喪主が行うわけではなく、遺族や親族と相談しながら進めていくことになります。

・遺体の安置場所を決める

・葬儀社を決め搬送を依頼する

・葬儀の日時、内容、費用などを決める

・親戚、友人知人、会社関係者などへ連絡をする

・死亡診断書に必要事項を記入し、役所へ提出する

・僧侶等宗教者へ連絡をする

通夜から葬儀後まで

通夜や告別式において、参列者や宗教者へ挨拶をすることは喪主にとって大切な役割の一つです。以下の場面で喪主の挨拶が必要となります。

・会葬者の受付時

・通夜の閉式時

・通夜振舞いの開始時

・出棺時

・精進落とし還骨法要の席での開式・閉式時

・僧侶等宗教者の到着時とお布施やお礼を渡す時

葬儀が終わった後は各種事務手続きや、法要の準備が必要となります。葬儀に参列できなかった方が自宅へお参りに来ることもあるため、その対応も喪主が務めます。以下に葬儀後の役割をまとめました。

・葬儀費用の支払い

・僧侶等宗教者へのお布施やお礼の支払い

・自宅弔問の対応

・香典返しの対応

・保険や遺産などに関する手続き

・法要や納骨の準備

・初盆や一周忌法要の準備

まとめ

喪主は葬儀の準備からその後の法要まで、多くの事柄を進める役割を担います。一般的に喪主は故人の配偶者や長男・長女といった親族が務めますが、親族がいなければ入居施設の関係者や友人が務める場合もあります。挨拶をする場面も多く、喪主を務めるのは荷が重いと感じる方もいらっしゃると思いますので、ご不安な点などはぜひ事前にさくらほーるこもりへご相談ください。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田