こんにちは、さくらほーるの森田です。
以前に比べて無宗教の葬儀が増えている昨今ですが、戒名(かいみょう)という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。「戒名って亡くなった人につける名前のことだよね」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は戒名についてご説明いたしますので、ご自身は戒名が必要なのか必要ないのか、一度ご確認いただければと思います。

戒名って何?

戒名は本来「仏門に入った証」としていただく名前ですが、現在では亡くなってからいただく方が多くなっています。
※戒名ではなく法名(法名)と呼ぶ宗派もありますが、今回は戒名で統一いたします。
「仏門に入った証」ですから、仏教以外の宗教を信仰している方や無宗教の方には必要ありません。

戒名がいるのはどんな人?

仏式の葬儀を行う場合、戒名が絶対に必要かといえばそうではありませんが、戒名を付けないことで後々困る方もいらっしゃいます。
例えば菩提寺(お付合いがあるお寺)があり、今後も法要などでお付合いを続けていく方は戒名が必要です。では、お寺とのお付合いをやめれば戒名を付けなくても困らないのかというと、そうとも言い切れません。お寺とのお付合いについては自分の家だけでなく親族などが関わる場合も多いため、簡単に判断するのは危険です。
また、お寺が管理するお墓や納骨堂を持っている方も戒名が必要となります。

戒名がいらないのはどんな人?

繰り返しになりますが戒名は「仏門に入った証」ですから、無宗教の方や仏式以外の葬儀では必要ありません。その場合、戒名ではなく俗名(ぞくみょう:生前の名前)で葬儀を行います。ただし神道の場合は戒名に相当する「諡(おくりな)」を付けます。
仏式の葬儀をする方でも菩提寺がない場合や、お寺が管理するお墓(納骨堂)に入らない方は、戒名を付けずに葬儀を行うことが可能です。

戒名を付けないことで起こるトラブル

前述した通り戒名がなくても葬儀を執り行うことは可能なので、本人の希望や金銭的な理由から、戒名を付けずに行う葬儀も増えています。
と言っても、菩提寺がある方やお寺のお墓(納骨堂)に納骨する場合は、住職に戒名をつけていただかなくてはなりません。
戒名を付けないことで先祖代々のお寺に納骨できなくなったという場合もあるので、事前に納骨場所を確認することも大切です。
また、菩提寺が遠方にある場合などに別のお寺で戒名をもらい、その結果菩提寺への納骨を断られたり、戒名を付け直さなくてはいけなくなったりする場合もあるので、例え遠方であっても菩提寺がある場合、まずは菩提寺に相談することが大切です。
一般的に戒名は葬儀までにつけてもらうものですが、万が一間に合わない場合は49日の法要までにいただきましょう。

まとめ

戒名は仏門に入った証としていただく名前ですが、現在では亡くなってからいただく方が多くなっています。
仏式の葬儀でも戒名を付けずに行うことは可能ですが、お寺とのお付合いがある場合やお寺が管理するお墓(納骨堂)に入る場合は、戒名が必須となります。
戒名が必要なのか無くても困らないのかについては判断が難しい場合もあるため、ご心配な方はさくらほーるこもりへお気軽にご相談ください。

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田