こんにちは、さくらほーるの森田です。

数珠(念珠)は「日本人なら誰もが知っている」と言っても過言ではないほど、私たちにとって身近な仏具ですね。厄除けやアクセサリーとして普段から身に着けている方もいますが、身に着ける数珠とお葬式で使う数珠は別の物です。お葬式で使う数珠を日常的に使っている方は少ないのではないでしょうか。

数珠を日常的に使っていない場合、お葬式に行かなくてはいけない時に「どこにしまったのか思い出せない!」ということもあると思います。

そのように、お葬式に参列しなければならないのに数珠が見つからない時や、数珠を持っていないのにお葬式に参列しなければいけなくなった時は、数珠を持たずに参列しても問題ないのでしょうか。

今回は、お葬式に行くのに数珠がない場合はどのように対処すれば良いかお話させていただきます。

 

 

どうしてお葬式の時に数珠を使うの?

 

数珠は本来、僧侶がお経を唱えた回数を数えるために使われていました。
そのことから考えると僧侶が数珠を必要とするのは当然のことですが、お葬式の参列者はお経を唱えるわけではないのだから数珠は必要ないのでは?と思ってしまいますね。

それなのにどうして参列者も数珠を使うのかというと、仏様や故人に対して敬意を表すためというのがその理由のようです。

ちなみに、数珠には正式な数珠と略式の数珠があることはご存知でしょうか?正式な数珠は宗派によって仕様が異なります。ほとんどの宗派では、人間の煩悩の数とされている108個の主珠が用いられていますが、二重にして使ったり八の字型にねじって使ったりとその作法は様々です。

近年多くの方が使われている略式の数珠は正式な数珠に比べて珠の数が少なく、108個の半分の504個や217個の物が一般的です。

略式の数珠は宗派を問わずに使用できますが、日蓮宗では使用できない場合もあるようなので、ご自身の宗派がわからない方は一度お調べになることをおすすめします。

 

 

数珠無しでお葬式に参列して大丈夫?

仏式のお葬式に参列する時は数珠を持参するのがマナーだと思っている方も多いと思います。では、数珠を忘れてしまったり、時間が無くて用意できなかったりという場合はどうしたら良いのでしょうか。

お葬式の際に数珠を持参できなかったとしても、それは重大なマナー違反というわけではないのでご安心ください。故人の冥福を祈り、心を込めて手を合わせれば問題はありません。

 

そうは言っても参列する方々が数珠を持っているのに、自分だけ数珠がないと恥ずかしいと思われる方は、葬儀場に行く前に仏具店やホームセンター、百円ショップなどで購入するという方法もあります。

「時間が無いのに買うのは大変だから、誰かに数珠を借りられないかな。」と思う方もいるかもしれませんが、数珠の貸し借りをすることはマナー違反となるので借りることはせず、数珠なしでお参りすることが望ましいです。

言うまでもありませんが数珠は仏教で使う仏具ですから、神道やキリスト教など仏教以外のお葬式の際には必要ありません。

 

 

まとめ

・数珠は本来僧侶がお経を唱えた数を数えるために使われていました。葬儀では仏様や故人に対して敬意を表すために、参列者も使用します。

・葬儀に参列する際に数珠を持参できなかったとしても、重大なマナー違反とはなりません。心を込めて手を合わせましょう。

・数珠は人から借りたり家族で使いまわしたりされないようにしましょう。

 

 

「さくらほーるこもり 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分

株式会社さくらほーる
お客様サポート 森田