こんにちはさくらほーるの森田です。
 

大切な家族が亡くなり、慌ただしいお葬式も無事終えて葬儀後のお礼やごあいさつなども順調に進みホッとするなか、次に待っているのは49日忌法要(四十九日忌法要・しじゅうくにちきほうよう)です。

法要は、仏教独自でキリスト教や神式(神道)では行いませません。ちなみに神式では、十日祭(とうかさい)から行い、50日目の一区切りが五十日祭(ごじゅうにちさい)と呼びます。

家族葬で行った場合は、法要は必要ないのでしょうか?今回は仏教での法要のお話しを致します。
 

 

法要の種類

法要の種類は様々です。大別してみてみます。

・忌日法要(きじつほうよう)

・月忌法要(がっきほうよう)

・年忌法要(ねんきほうよう)

 

忌日法要

何となく並べてみてみると字の通りで、「忌日法要」とは亡くなった日を入れて数えます。

例えば、亡くなった日が6月1日(月曜日)であれば、初七日は6月7日(日曜日)となります。仏教では亡くなった日を加えるので、日付に6を加えて考えます。
 

初七日、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(しなのか)、五七日(ごしちにち)、六七日(むなのか)、七七日(しちしちにち・四十九日)
 

二七日とは、亡くなってから27日目という意味ではありません。

「7日の2回目」と考えます。三七日は、7日が三回目となり、こちらが7回目で七七日(四十九日)となるわけです。49日を「満中陰(まんちゅういん)」ともよばれます。

その後に行われる百箇日(ひゃっかにち)も忌日法要の種類に入ります。
 

この多くの忌日法要の中で特に重要といわれているものが、初七日と四十九日です。桜川市(さくらがわし)では、三十五日に剣の山(つるぎのやま)へ登る儀式を行うお寺の檀家が多いため、三十五日も重要視されています。

※剣の山とは?
故人があの世へ行くために、【剣の山】という険しい山を越えなければなりません。その山は険しく、登るのは大変です。なので故人を励ましつつ、苦しみを分かち合うよう、親戚家族がお寺の敷地にある山へ登り供養をします。その際には新しい杖と、わらじにおはぎを挟んだものをお供えします。杖とわらじは故人が険しい山を登り傷んだものを交換する為、おはぎは食事、又はクッション材として…など諸説あります。

 

初七日は以前では盛大に行っておりましたが、近年では葬儀の際に繰り上げて一緒にお経と塔婆をいただいたり、親戚を呼ばずに家族だけで行う事が多くなってきました。

しかしながら、法要はとても重要です。

家族葬で行ったからといって家族だけで行わず、親族に声をかけましょう。

「○○さんは、私の兄が亡くなってから何も連絡をくれない」などとならないようにしましょう。

どうしても家族のみで考えている場合は、本家の方や親族の要の方に相談をしたうえで決められることをおすすめします。

 

月忌法要

馴染みのある呼び方としては、「月命日・つきめいにち」と耳にする方が多いかもしれません。

亡くなった日(命日)に毎月行います。

 

年忌法要

命日より年単位で数える法要の種類です。

種類としては、

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌と続き、三十三回忌で弔い上げとされて終了とされていますが、厳密には五十回忌という法要も存在します。

 
命日より満一年、つまり翌年の命日が「一周忌」その翌年の満二年目は「三回忌」となります。決して満三年目という訳ではありませんので注意が必要です。

 
こちらの中で特に重とされるのが「一周忌」、「三回忌」、「七回忌」とされていますので親族にお声をかけて法要を行うことをおすすめします。

 

法要は重要?

私の個人的な意見ではありますが、法要は僧侶よりお経をいただくだけのものではないと思います。

もちろんお経も大切ですが、家族をはじめ親族で故人の成仏を願い、生前の感謝を伝える大切な場所であると私は考えます。

コロナウイルスの影響で法要を行うか悩まれるご家族様も多くなっていますが、そういった際の法要のご相談もさくらほーるでは承っておりますので、いつでもお問合せをお待ちしております。

 

まとめ

・法要には「忌日法要」、「月忌法要」、「年忌法要」と大別されています。

・法要の中で「忌日法要」では、初七日と四十九日、(桜川市では三十五日も)「年忌法要」では一周忌、三回忌、七回忌が特に重要とされています。

・法要では故人の成仏を願いますが、生前の感謝の気持ちお伝えするようにしましょう。

 
「株式会社さくらほーる 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる

お客様サポート 森田