こんにちはさくらほーるの森田です。

 

大切な方が亡くなり、遺族として悲しむ間もなく多くの決断や決定、そして手続きなど限られた時間で行わなくてはなりません。

その中で今回は役所に提出する死亡届について解説いたします。

 

 

死亡診断書の受け取り

 

病院で亡くなった場合は、通常病院で死亡診断書が発行されます。

 

通常はA3サイズの用紙で、死亡診断書の横には死亡届けが一緒になっています。(一部病院では、A4サイズで死亡診断書のみというところもあります。)

 

役所への提出用で必ず1部は必要になるほか、生命保険や葬儀後の手続きで必要になる場合があるので、最低2部は発行してもらう事をおすすめします。

ただし、死亡診断書は有料(発行料は病院によって異なりますが安くはありません)のため、極端に多く発行してもらう必要はありません。手続きで必要な場合でも「コピーでも可」という事もあります。原本のコピーは弊社さくらほーるこもりでも行っておりますので追加が必要であればお声がけください。

また、原本が不足した場合は、改めて病院で再発行してもらうこともできます。

 

 

死亡届と死亡診断書(死体検案書)

死亡届と死亡診断書は何となく聞いたことはあっても実際に見た方は少ないと思います。

 

・死亡診断書(死体検案書)

死亡診断書は医師が発行する死亡したことを証明する唯一の証明書です。医師が生前に診療していたケガや病気が原因で亡くなった場合は「死亡診断書」となりますが、それ以外は全て「死体検案書」となります。例えば、事故で亡くなった、かかりつけ医がいない状態で、自宅で亡くなっていた。など死因不明な場合があげられます。

 

 

・死亡届の提出期限

死亡届は死亡診断書(死体検案書)と共に市区町村の役所に提出することになりますが、死亡の事実を知ってから7日以内に提出しなければなりません。だからと言って、葬儀が終わってからゆっくり提出するという訳にはいきません。なぜなら死亡届を提出して受理されてから【火葬許可証】が発行されるからです。

火葬許可書が発行されてはじめて火葬ができるため、葬儀の前に死亡届を提出する必要があります。

 

 

 

死亡届を記入する際の注意点

 

・届出人(記入者)の資格

記入者は誰でも良いという訳ではありません。同居の家族または、親族(三親等内の姻族・六親等内の血族)とされています。一番近い方が記入しましょう。

記入できる親族がいない場合、親族でなくても同居人や家屋の管理人でも届出人とすることが可能です。

 

 

・本籍地の記入が必要

死亡届の記入では、故人に関する部分と届出人(記入者)に関する部分と大きく二つに分けられます。

記入の際にみなさんが困る部分は、「本籍」です。住民票の住所は覚えていても本籍はわからないという方が比較的多いのです。

例えば、現住所は○○丁目○○番地○○号となっていても、本籍の場合は区画整理される前の旧住所だったりすることがあるので注意が必要です。

死亡届の記入日や提出日が役所の休日だった場合は、調べる事ができないので心配な場合はご自分を含めて家族の分も事前に調べておくことをおすすめします。

また、本籍を記入する際は都道府県より記入しなければなりません。

 

 

 

死亡届を提出する際の注意点

・役所の届けに必要なもの

・死亡診断書と記入された死亡届。
・届出人の印鑑(認印可。シャチハタは不可)
・身分が証明できるもの(免許証や保険証など)
・現金(市町村によっては火葬料金が必要な場合があります)

以上が必要です。ご不明な場合は、役所または、さくらほーるこもりのスタッフへお尋ねください。

 

 

・記入者の代理で提出は可能?

基本は記入者が提出に行くことになりますが、そうもいかない場合があります。

例えば、夫が亡くなり、同居の妻が死亡届の届出人として記入したが足が不自由なため、その長男が役所に行くといったケースです。このようなケースでは問題にならない場合も多いのですが、免許証など身分を証明するものを持参する必要があります。それでも心配な場合は、あらかじめ役所へ連絡して確認を取りましょう。
(役所の手続きに関しては、弊社スタッフでも代理で行う事が可能です。)

 

 

まとめ

・死亡届を提出することにより火葬許可証が発行されます。

・病院から死亡診断書を発行してもらう際は、最低2部は発行してもらいましょう。

・死亡届の届出人(記入者)は同居者がいない場合はなるべく近い親族が行います。

 

 

 

株式会社さくらほーる

お客様サポート 森田