こんにちは、さくらほーるこもりの須藤です。
お盆にはご先祖様が帰ってくる、というのはよく知られていますが、お彼岸の意味を詳しく知っている人は多くないのではないでしょうか。今回は春彼岸が近くなってきましたので、お彼岸について少しお話しようと思います。
どうぞ最後までお付き合い下さいませ!

“彼岸”の意味とは?

彼岸とは、迷いの世界であるこちら側の岸【此岸(しがん)】に対して、あちら側の岸【彼岸】つまり極楽浄土、さとりの世界のことを指しています。そして彼岸という言い方は【到彼岸(とうひがん)】の略で、到彼岸は文字通り彼岸へ到達する、さとりの世界へ渡る、という意味になっています。
到彼岸は古代インドの言葉「パーラミター(波羅蜜多・はらみつた)」を訳した言葉であり、般若心経(はんにゃしんぎょう)の一節にも含まれています。

お彼岸の期間は?


お彼岸は、正確には【彼岸会(ひがんえ)】といい、仏教の言葉です。春と秋に、それぞれ春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間の計7日間行われます。お彼岸は日本独特のもので、年中行事として定着したのは江戸時代の頃と言われています。

春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り、真西へ沈みます。その為、西にある極楽浄土への道しるべになると考えられてきました。これは仏教の教えですが、それに日本古来の太陽信仰・祖霊信仰(それいしんこう・先祖を祀ること)が加わり、今のお彼岸の形になっています。※諸説あります

お彼岸には何をするの?


お彼岸には、供養の法要や墓参りをします。できるだけ中日あたりに、家族そろってお墓参りをしましょう。墓石をきれいに洗い、お墓の周囲も掃除して、花や線香をたむけます。そして合掌礼拝(がっしょうらいはい)をし、ご自身や家族の事をご先祖へ報告・祈願をします。
家では仏壇を掃除し、新しい花や果物・故人の好物・牡丹餅・お彼岸団子などをお供えします。家族・親族・近所の方々と一緒に甘いものを食べ、ご先祖のお話をしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?記事を書いていると色々な情報が出てくるので、どこまでお話しようか迷ってしまいました。到彼岸、極楽浄土の岸へ渡るには?その為の仏教の教えなど、またの機会にお話しできればと思います。

さくらほーる本社事務所では、進物用のお線香や、故人の好物キャンドルなど多数取り揃えております。お彼岸でご入り用の際は是非ご来店くださいませ!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
本社ショールーム仏具

「株式会社さくらほーる 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 須藤