こんにちは、さくらほーるこもりの須藤です。
前回、通夜前~お葬式までの香典の表書きについてお話しさせて頂きました。
今回は第2回という事で、法要(仏教)で使うのし袋の表書きについて、法要の意味と一緒にご説明しようと思います。長くなってしまいましたので、宗教ごとに分けてみました。どうぞ最後までお付き合い下さいませ。

仏教の法要

法要というのは、“故人様があの世で成仏できるように”という願いを込めて行われるものであり、仏教用語です。三十五日忌、四十九日忌…聞いたことありますよね。なぜこの日なのかというと・・・

仏教の民間信仰では、“人は死後七日ごとに七回あの世で裁きを受ける”と考えられています。亡くなってから7日目の初七日忌(しょなのか)、続いて二七日忌(ふたなのか14日目)三七日忌(みなのか21日目)四七日忌(しなのか28日目)五七日忌(ごしちにち35日目)六七日忌(むなのか42日目)七七日忌(しちしちにち49日目)この日はあの世で審判が行われる日になっています。
そして審判の日に法要を行うことによって、“故人の罪を消して審判でよい知恵、答えを得られる”と考えられているのです。
そして七七日、つまり49日目に最後の審判を受けて、御浄土へ行けるかどうかが決まります。なのでこの日をもって忌明け、満中陰(まんちゅういん・中陰、この世に霊でいる状態が満ちる)となります。

おまけ・・・
審判は閻魔王(えんまおう)をはじめとする十王(じゅうおう)によって行われるのですが、この十王たちにはそれぞれ別名があります。閻魔王は地蔵菩薩、秦広王(しんこうおう)は不動明王、初江王(しょこうおう)は釈迦如来…仏様の別名があるのです。人は亡くなってから三十三回忌までは仏の修行をし、一人前の仏となって極楽浄土へ行けると言われており、初七日~三十三回忌までの計十三回、それぞれの法要で知恵を授けてくれるのが十三仏(じゅうさんぶつ)の仏様です。その一部が十王でもあります。

のし袋は何使う?

のし袋の表書きですが前回、御霊前は「故人の霊の前にお供えする」という意味だとお伝えしました。七七日、つまり49日目の最後の裁きを受けるまで、故人様は御魂(みたま)、霊の状態という考えになります。ですので四十九日前までは【御霊前】、四十九日で裁きを受け、仏様の元へ行かれた後は【御佛前】を使用します。御仏前は文字の通り、「仏様の前へお供えする」という意味になります。
しかし仏教の中でも浄土真宗・真宗は通夜・お葬式の時点で御仏前を使用していますので、法要でも引き続き【御佛前】を使用して大丈夫です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?仏教の教え・法要の意味する内容を理解すれば、何となく答えが見えてくるのではないかと思います。・・・とはいえ相手方の宗派まで理解するのは難しいですよね。さくらほーるこもりでは、葬儀に関する「こういう時はどうするの?」という疑問にもお答えしますので、お気軽にご利用下さいませ。もちろんのし袋もご用意しております!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

「株式会社さくらほーる 本社事務所」
〒309-1214 茨城県桜川市東桜川3-13
電話:0296-75-4066 FAX:0296-75-2555
アクセス 岩瀬駅より徒歩15分
株式会社さくらほーる
お客様サポート 須藤